嚥下機能検査(飲み込みの検査)とその人数

「のどの、つかえる感じ」は、X線テレビを用い、バリウムを嚥下していただき、
「本当につかえるか否かの判定」が必要です。
当院では、この検査が不可能ですので、専門医の居る医療機関に紹介します。
上部食道までですと、食道カメラの検査が可能です。

咽頭と食道の関係
(日大医学部解剖学:後藤 昇氏監修の図)
バリウム液とバリウムカプセルの飲み込み(頚部を中心として)
左2枚:側面、左端:バリウム嚥下、隣:カプセルが停留
右2枚:正面バリウム嚥下、隣:カプセルが、停留している
年度 嚥下機能検査(人数)
1992年4月〜1993年3月 105
1993年4月〜 167
1994年4月〜 145
1995年4月〜 117
1996年4月〜 96
1997年4月〜 101
1998年4月〜 86
1999年4月〜 68
2000年4月〜 37
2001年4月〜2002年3月26日 85
合計 1007

手術・検査暦のページにもどる 紹介のページにもどる